職種別社員研修の選び方

技術者もコミュニケーションが必要

会社などの組織では、いかに社員間のコミュニケーションが取れているかが大事になってきます。営業職などはそれなりにコミュニケーション力がありますが、技術開発職はそれぞれの人が技術を持っています。担当なども分かれていて、個別に活動するケースが多いです。日頃からコミュニケーションになれていないので、いざコミュニケーションが必要な時に必要な情報交換ができないケースがあります。そこで技術者向けのコミュニケーション力を向上する研修を受けてみると良いかもしれません。コミュニケーション作りにはいかにお互いに信頼関係を築くかが問題になります。そのためのスキルを学べるような仕組みなっています。相手への伝え方なども学べる内容です。

製造業におけるQCサークルのための研修

日本には多くの製造業があり工場があります。工場では製造に携わる社員がいて、日々それぞれの製造品を作っています。製造において大事な点として、いかにコストを下げるか、いかに品質を向上させるかがあります。個々の人が独自に取り組んだり会社が取り組むように指示をするときもありますが、それではなかなか進みません。そこで取り入れられるのがQCサークルです。小集団による品質管理活動を指し、一定のノウハウが必要になります。製造業に従事する社員向けに、QCサークルのための研修があり、運営方法や行い方などを学べます。新たに導入したい会社であったり、これから製造ラインに入って勤務をする人たちが受けると、品質向上につなげられるようになります。