社員研修成功事例

OJTの成功事例について

業務を通して能力を身に着けるOJTがあります。しかし、自業務に専念してしまい、関連業務が見えない欠点があります。これを打開するために、関連部署や関連の仕事を身に着けさせることで前後工程を理解し、視野が広がり効率的に業務が広がります。例えば、研究開発部門であれば、製造工程で研修をすることでものづくりを理解して設計に反映させることや、コスト削減を狙った図面の作成ができます。ものづくりであれば、営業に行くことで顧客のこだわっている品質を理解したり、何を求めているかを吸収することで生産工程に反映することが可能です。1から2年かけて行うことでこうした力を身に着け、定期的に報告会やレポートで上司を交えて確認します。

業務外での成功事例について

自分の業務からいったん離れてオフサイトでも効果的な事例があります。それは、異業種交流会などといった他部門や他の職種と一緒になって問題解決やリーダーシップなどを学ぶというものです。業務でのお互いの悩みを共有することで刺激をうけたり、一つのテーマをグループで解決や議論することで新たな発見をすることができます。こうした教育は人材開発を業務とする業界がサポートしてくれます。ホテルや研修施設で複数日行われることが一般的で、ほとんどが参加者が主体となり議論を繰り貸すことが特徴です。懇親会もあり交流も深まります。メンバー同士のメールアドレスなどを交換することで今後の悩みを相談するパートナーが生まれるメリットもあります。